「モーリー&プチ鹿島のニュース語り場」のご案内

米大統領選挙で世界はどう動く? モーリー&プチ鹿島のニュース語り場 スタート! 3ヶ月限定のオンラインサロンを開催米大統領選挙で世界はどう動く? モーリー&プチ鹿島のニュース語り場 スタート! 3ヶ月限定のオンラインサロンを開催

「水曜日のニュース・ロバートソン」の名コンビ、モーリー・ロバートソンとプチ鹿島がオンラインサロンで復活!
アメリカ大統領選挙を軸に、世界のニュースが日本に与える影響をわかりやすく解説。二人の話を直接聞けるオンライン勉強会や部活企画など、ニュースをともに語り合う会員と一緒につくっていくオンラインサロンです。

ついに米大統領選投開票!!
11月4日はモーリー&プチ鹿島&豪華ゲストが
大統領選挙の注目ポイントを解説!

11月4日はモーリー&プチ鹿島&豪華ゲストが大統領選挙の注目ポイントを解説!

11月4日(水)
15:30~20:00(予定)
生配信!!

アメリカ現地在住でモーリー・ロバートソンのハーバード大学時代からの親友デイヴィッド・マニエ氏をはじめ、経済、国際問題、日本企業への影響などテーマに沿ったゲストをリモートで迎えてお送りします。

※都合により出演者や配信時間などが変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

お申込みとサロン詳細はこちら
DMMオンラインサロンの入会ページへ

※本サービスはDMMオンラインサロンでの提供となります。DMMサイトへ移動します。

過去の実施内容

9月8日(火)

TwitterとYouTubeでモーリー&プチ鹿島のオンライントーク無料生配信

ニュース語り場YouTubeチャンネルにてアーカイブ配信中!

9月24日(木)

第1回オンライン勉強会 ゲスト:石破茂氏

アメリカ大統領選に向けて、これからのアメリカや世界とのつながり方はもちろん、10日前に行われたばかりの総裁選を終え、石破茂氏がこれから1年間で取り組んでいくと決めたことや、自民党内の異論を言えない雰囲気についても語りました。
オンラインサロン内でアーカイブ配信中!

石破茂

10月16日(金)

第二回オンライン勉強会 ゲスト:安藤優子氏

2016年の米大統領選挙では現地からのリポートを行った安藤優子氏が、バイデン政権が日本にとってプラスなのか、注目の副大統領候補カマラ・ハリス氏が貧困層に寄り添っていくのかなど、現在伝えられている最新情報を踏まえてたっぷり語りました。
オンラインサロン内でアーカイブ配信中!

安藤優子

CNNj、CNN/US、
BBCワールドニュース

ご契約者様だけの
割引特典!

せっかくなら、米大統領選を徹底的に放送するニュースチャンネルと一緒に、オンラインサロンを楽しみませんか?
スカパー!でCNNjまたはCNN/US(CNNj+CNN/USセットを含む)、BBCワールドニュースをご契約中のお客様は、通常会費3000円/月のところ、2000円/月へ1000円割引します。

月会費1000円割引でのお申し込み方法

  1. 1Myスカパー!にログイン後、Myスカパー!TOP画面に対象商品のご契約者だけに表示されるこちらのバナーをクリック。案内ページへ移動します。
    バナー
  2. 2案内ページに記載されている専用入会フォームからお申し込みください。
    DMMオンラインサロンの通常入会フォームからお申し込みされた場合は、割引適用されませんのでご注意ください。
    スカパー!カスタマーセンター(電話)ではお申し込みできません。

割引対象

スカパー!、プレミアムサービス、プレミアムサービス光でCNNjまたはCNN/US(CNNj+CNN/USセットを含む)、BBCワールドニュースをご契約中の方

注意事項
※スカパー!基本プラン、プレミアムパック、スカパー!光パックHD、スカパー!セレクト5、プレミアム15等のパックセットご契約者、チャンネル解約手続き中の方は対象外となります。
※チャンネルを新規ご契約の場合は、チャンネル契約手続き完了後にサロンへお申し込みください。サロン入会後にチャンネル契約をされても割引は適用されません。

CNNj、CNN/US、BBC
ワールドニュースご契約の方

割引価格での入会案内はこちら

※Myスカパーサイトへ移動します。ログイン時にMyスカパーIDとパスワードが必要になります。

アメリカ大統領選挙を徹底放送! The United States presidential electionアメリカ大統領選挙を徹底放送! The United States presidential election

9月-10月にかけて行われる大統領候補者による討論会(全3回)、10/7に行われる副大統領候補者による討論会、そして11/3に行われる大統領選挙まで、投票日の生放送をはじめ、周辺の動きや専門家による解説などを交えて徹底的に放送。
世界の気になるニュースをいち早く押さえるなら絶対に外せないチャンネルです。

© 2020 Turner Broadcasting System, Inc. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.TM & © 2020 Turner Broadcasting System, Inc. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.

モーリー・ロバートソン コメント

アメリカの大統領選挙は一筋縄でいかない、「選挙人制度」というフィルターを通して選ばれる。前回はヒラリーが得票数で300万票リードして決まりだなと思っていたら、選挙人制度で逆なの?みたいな。今回バイデンが何百万票リードしたとしても、トランプにはまだ勝つ道がある。アメリカの大統領選を確定させる要因や仕組みの歪みを共和党は最大限に利用。「実際に投票した有権者では負けていても選挙人制度で勝つ」という戦略を成功させるため、「イデオロギーで白か黒を選べ」という戦略を展開。これがアメリカの分断を生んでいる。どうなるのか?選挙直前に起きたイベントや事件に左右される。そこに流れ込むトピックに注目して解説してゆきます。

直近ではイスラエルとUAEの国交正常化。コロナの失敗で離れていたユダヤ系右派と福音派がまた寄ってくる。中国に対してトランプ政権が言っていること。香港のことでの経済制裁、テンセント、ファーウェイ、TikTok への動きは本気なのか?しかし、バイデン・タマラ政権となった場合、元のオバマ政権のように戻して、中国の膨張が止められなくなってしまうのか?ますます乱戦模様。

オバマ政権の8年間では相当にアメリカの多様性が推し進められたところがあり、それに対する反動がトランプ政権だった。ネットフリックスをみると出演のキャストから何から世界中の人種や属性を持つ人になり、シナリオもハリウッド的な「バック・トゥー・ザ・フューチャー」「ランボー」のような簡単なものではなくなって、よりエグい社会問題が盛り込まれていて、アメリカの文化が進化。もしバイデン政権になったら、よりクールでより新しいアイディアが沢山でてくるかしれないという期待はある。しかし、現実にはインフラはボロボロ。医療も崩壊。先進国でありながら、途上国のようになっているアメリカが簡単に4年では元に戻らない…。そんな面白い話はこのサロン以外ではなかなか聞けないと思います。

プチ鹿島 コメント

みなさんこんにちはプチ鹿島です。
(今年3月に終了してしまった)「水曜日のニュースロバートソン」で毎週モーリーさんとお会いしていた時は「今週のこのテーマについてどう思いますか?」とかいろんな解釈を聞いていたんですが…「今このニュース、モーリーさんだったらどう話すのかな?」というニュースが多くて本当に気になっているので、良いタイミングだと思います。
僕も新聞13紙を購読しているんですけれど…やはりアメリカ大統領選について「バイデン・トランプの検証・研究記事」が最近多くなってきました。それを紹介しつつ、モーリーさんの見解・見立てを聞いたみたいですね。

時事ネタ以外にも、例えば「金正恩」「父・金正日と私 金正男独占告白」「北朝鮮 核の資金源」など、北朝鮮関連を読み直しています。そうすると今の状況と繋がったり、「これって、こうゆうことなのかな」と分かることがあります。
また映画だったら「誰がハマーショルドを殺したか」など、エンタメ方面にもウイングを伸ばしてワイワイ話してみたいと思います。楽しみです。ご期待下さい。

お申込みとサロン詳細はこちら
DMMオンラインサロンの入会ページへ
※本サービスはDMMオンラインサロンでの提供となります。DMMサイトへ移動します。